NEWS

2018.10.22

「VRider DIRECT」が、 総務省主催「異能Vation」プログラムのジェネレーションアワード部門において分野賞、企業特別賞にノミネートされました

当社開発、VRコンテンツをより身近に、誰でも日常的に作成・配信できるようにするためのVRコンテンツプラットフォーム「VRider DIRECT」が、総務省主催「異能Vation」プログラムのジェネレーションアワード部門において、分野賞と企業特別賞にノミネートされました。

「異能vation」は、ICT分野において独創的な技術課題を発掘する取り組みとして総務省が平成26年度より推進しているプログラムです。
その中において、ジェネレーションアワード部門はアイデア・技術・発見が多種多様な企業と出会うことにより、思いもよらない使い方でさらに飛躍する可能性を秘めた技術やアイディアを募集する位置づけとなっています。

応募総数は5年間で16倍に拡大し、各分野から注目を集めている本プログラム。弊社のVRider DIRECTが持つ、VRプラットフォームとしての新規性が評価され、応募総数10,440件中、最終候補の186社に選出されました。

今後もアルファコードでは、更なるコンテンツの性能向上に向け、引き続き研究・開発に邁進して参ります。

「異能(Inno)vation」プログラム公式サイト
http://www.inno.go.jp/

「VRider DIRECT」公式サイト
https://direct.alphacode.co.jp/

ページトップへ