NEWS

2020.12.15

【BlinkyクリスマスLive】アカペラの“神” TAKE6が登場! 海外LIVE配信可能なBlinkyにてシンガーに囲まれるクリスマスLive体験を12月15日より世界に発信

~コロナ禍ならではの映像スタイルで、世界中を癒す!超一流ハーモニーの贈り物~

 VR/MR配信プラットフォーム『Blinky(ブリンキー)』を展開する株式会社アルファコード(本社:東京都文京区、代表取締役社長 CEO:水野 拓宏 以下、当社)は、グラミー賞10回授賞を誇るアメリカのボーカルグループTAKE6のバーチャルクリスマスLiveを配信します。

 コロナ禍ならではの、新たな魅力の映像体験をお届け!
 集まってパフォームすることが難しいコロナ禍において、TAKE6の特別協力により実現したアーティスト本人たちの撮影による映像・音声をVR空間にて再合成配信。視聴者は360度TAKE6に囲まれ、その美しい歌声に存分に浸れる体感型ライブ、バランスよくミックスされた高音質の音声で、特別なクリスマスLIVEをお届けします。
 曲目は、TAKE6の感動的なアカペラ曲として有名な「Hark! The Herald Angels Sing(天には栄え)」「O Come All Ye Faithful(神の御子は)」と、彼らのより新しいクリスマスアルバムに収録されている「The Sugarplum Dance」の3曲。CDやDVDはもちろん、YouTubeや他の映像コンテンツには無い、新しい視聴体験ができます。また、配信期間中、何度でもお楽しみいただけます。

■TAKE6 (テイク・シックス) ・・・ 世界中でアカペラの『神』と敬愛されるアメリカのゴスペル/ジャズ/ソウル系ボーカルグループ。1988年デビュー以来、グラミー賞10個をはじめ、音楽史上最も授賞が多いボーカルグループ。Quincy Jones, Ray Charles, David Foster, Stevie Wonder, Marcus Miller, Brian McKnight, Jacob Collierなど、オールジャンル、オール世代からの共演依頼が絶えず、これまでにヒット作も多数。特に日本では人気が高く、TVコマーシャルやTV出演も多数、今年はコロナ禍で叶わなかったが、毎年来日公演を行っている。

【配信コンテンツの概要】
企画製作   :株式会社アルファコード
協力     :Ed Keane & Associates
コンテンツ名 :『TAKE6 VR Christmas Live』
出演者    :TAKE6
        メンバー:Claude McKnight, Mark Kibble, David Thomas, Joey Kibble,
             Khristian Dentley, Alvin Chea
音声MIX    :Tony Huerta
撮影     :TAKE6各メンバー
編集/配信   :株式会社アルファコード
配信日時   :オンデマンド配信 2020年12月15日(火)12:00~2021年3月31日(水)23:59
視聴料金   :2,000円(税込)
販売方法   :日本国内⇒Blinkyの販売ページでチケット購入(クレジットカード決済等にて購入可)
        日本国外⇒アルファコード社VR視聴アプリ『Blinky』にてBlinkyポイントを購入で
        視聴可能。
販売ページ  :BlinkyLive https://blinky.jp/

■BlinkyLiveとは
 Blinky Liveは自宅や好きな場所でいつでもどこでも新体験・新感覚のVRコンテンツを楽しめる生ライブ配信サービスです。機能として、マルチアングル機能、ライブ投げ銭機能、VR空間コメント機能、VR空間eコマース機能(予定)が追加され、より一層コンテンツの楽しみ方が増えていきます。
URL:blinky.jp

■株式会社アルファコードについて
 高精細な11Kの実写VR映像の製作や配信、アプリ開発事業を行っております。「技術」と「アイディア」をいくつも結びつけ、まだ世の中にない新しいサービスの創出に取り組んでおります。
【会社概要】
商号   :株式会社アルファコード
代表者  :代表取締役社長 CEO水野 拓宏
所在地  :〒113-0034 東京都文京区湯島3-1-3 MSビル
設立   :2015年10月1日
事業内容 :VR/MR ライブ映像配信事業
      VR撮影・VRサービスのインフラ提供
      ネットワークコンテンツの企画・研究・開発及びコンサルティング
資本金  :2億2550万円
URL    :https://www.alphacode.co.jp/

ページトップへ