NEWS

2022.06.06

アルファコード、大日本印刷株式会社と資本業務提携等で総額3億円を調達

究極のリアルを追求する空間プラットフォーム「Blinky」事業を加速

VR/MRライブ映像配信事業を手掛ける株式会社アルファコード(本社:東京都文京区、代表取締役社長 CEO:水野 拓宏 以下、当社)は、大日本印刷株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:北島 義斉 以下、DNP)等を引受先とする第三者割当増資により、総額3億円の資金調達を実施いたしました。

【資本提携の狙い】
 当社は、VR技術を体験を届けるメディアと捉え、幅広いお客さまにさまざまな体験を届けるアプリケーション開発、オンラインサービス開発・運営、VR撮影技術の研鑽を続けてまいりました。この事業をさらに飛躍させ、特に2021年度Tokyo Contents Business Awardを受賞した究極のリアルを追求する空間プラットフォーム「Blinky(ブリンキー)」の拡大に尽力してまいります。ライブ体験をオンライン上に再現することを目指す「Blinky」の拡張により、「旅行先やライブ会場、劇場に行って楽しめる」と「行けないから楽しめない」の間にいる大きな潜在的顧客の獲得を目指します。
 また、環境を選ばず簡単にメタバースコミュニケーション環境を実現する「コミュニケーションVR」や、VR酔いを最低限に抑え、他には無い没入感を得られる11Kをさらに超えた高精細VR映像の撮影・編集・配信技術など、利用者のニーズに応える技術革新にも邁進し、社会貢献に活かしてまいります。

■出資企業のコメント
大日本印刷株式会社 マーケティング本部 投資企画部長 林卓治氏
 DNPは、リアルとバーチャルを自由に行き来できるXRコミュニケーション事業に取り組み、決済・EC、マーケティング領域などのソリューションを提供しています。今回の資本業務提携を通じ、アルファコードの有するVR技術を活用した空間開発に関する優れた技術・ノウハウと掛け合わせることで、“現実世界と仮想空間を連動させたこれまでにない体験”を提供し、新たなビジネスを創出して行きましょう。

■究極のリアルを追求する空間プラットフォーム「Blinky(ブリンキー)」
 コロナ前からある「ライブ会場不足」という問題。コロナ禍での「ライブを開催できない」という問題。コロナ禍前後のライブエンターテインメントの課題に、VR技術を活用して道を開きたいと志しています。「会場や劇場に行って楽しめる」と「行けないから楽しめない」の0と1の間を埋める「オンラインで楽しめるライブ会場」、それがBlinkyです。

https://blinky.jp/

アプリダウンロード
・iOS:https://itunes.apple.com/us/app/id1315617130?l=ja&ls=1&mt=8
・Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.alphacode.vrider.direct.movie.player
・Oculus Store:https://www.oculus.com/experiences/quest/3655531334482015/
・Windows Mixed Reality:https://www.microsoft.com/ja-jp/p/blinky/9nrt8hr1rt5f

■環境を選ばず簡単にメタバースコミュニケーション環境を実現する
「コミュニケーションVR」

多くの人たちが距離関係なくふれあうことができるメタバース。
・限られた人に特別な体験を伝えたい
・コミュニケーションをメインとした、メタバースならではの指導を行いたい
そんな声に応えたソリューションです。
https://www.alphacode.co.jp/solution/20220405225202.html

■株式会社アルファコードについて
 高精細な11Kの実写VR映像の製作や配信、アプリ開発事業を行っております。「技術」と「アイディア」をいくつも結びつけ、まだ世の中にない新しいサービスの創出に取り組んでおります。

ページトップへ